あらすじ

第6話:朝陽 – Rooster –

とある街へと立ち寄ったタクト達。そこは若者たちがいなくなり、年老いた人々だけが住む町であった。アンナと運命は、ひょんなことから彼らに助けを求められる。一方、一人街をぶらつくタクトは、古びたバーから隠れ響く音色を耳にする。それは間違いなく『音楽』であった。

出典:朝陽-Rooster- | STORY(各話あらすじ) | TVアニメ『takt op.Destiny』公式サイト(タクトオーパス) (takt-op.jp)

若者がいなくなって高齢者しかいなくなった世界…か。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
なんかアニメの世界観なのに、他人事のように聞こえないわ。
今の日本は超少子高齢化社会だからねぇ。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
ってことは…日本は将来タクトオーパスみたいな世界になるってこと!?
その可能性も微レ存。
ヲタク
ヲタク

Twitterの反応

音楽の力って本当にすごいんだよね。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
アニメでも音楽のあるなしで感動の仕方が違うから。
音楽は人の感動を動かせる力を持っているってことだね。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
そう考えるとあながち音楽で世界を救えるって言葉も間違いじゃないかもしれない。


 

クレパト
クレパト
ピアノ習ってる人はお金持ちのイメージ。
習い事の中でもピアノは受講料高いからね。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
でも家にピアノがある家庭って憧れるわ。
うるさくて寝れないからやめた方がいいよ。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
実体験があるみたいな言い方するわね。
昔ちょっとね…
ヲタク
ヲタク


 

クレパト
クレパト
運恵美ちゃんが冗談を言ったの感動した。
出会った当初の運命ちゃんだと考えられなかったもんね。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
子供の成長を見守る親ってこんな感じなんだろうなぁ。
運命ちゃんに母性を感じてるの笑う。
ヲタク
ヲタク
クレパト
クレパト
私だって母性くらいあるわよ!!

その他の反応


【管理人からの一言】

一時期、絶対音感に憧れてずっと訓練してた。
管理人
管理人

【各話一覧】

⇒ 『takt op. Destiny 5話』の感想とネタバレはこちら

現在ココ ⇒ 『takt op. Destiny6話』の感想とネタバレはこちら

⇒ 『takt op. Destiny 7話』の感想とネタバレはこちら


コメント欄を開放してますので、よろしければご利用ください。悪口や感想など書き込んでいただけると嬉しいです!